UnityでTilemap機能のカスタムブラシ(custom brush)を作成する

Unity 2017.2から2Dのタイルマップ機能が追加されました。スプライトからパレットを作成して、グリッド上で簡単にマップを作れるようになりました。Prefabをタイルマップに塗る場合は、現時点ではブラシを作成するようです。

sokobanパレット作成して、壁と地面をグリッドに塗ったところ

ブラシを一から作成するのは大変ですが、既にgithubにサンプルがあります。

https://github.com/Unity-Technologies/2d-extras

また、2d-extrasを使った簡単な2Dプラットフォームのデモもあります。

https://unity3d.com/jp/learn/tutorials/topics/2d-game-creation/intro-2d-world-building-w-tilemap?playlist=17093

このデモを動作させると、GameObject BrushとPrefab Brushがソースコード付きでありました。GameObjectBrushはグリッド上でゲームオブジェクトを配置したりするようです。またPrefab Brushはプレハブからブラシを作成するようです。

ブラシを作る必要があると思ったのですが、調べていくと2d-extrasを使えばよさそうなのが分かってきました。

ブロック崩しサンプル

https://github.com/Unity-Technologies/2d-techdemos

2d-extrasを使ったタイルベースのブロック崩しサンプルです。ブロックが消える時の衝突判定とタイル座標の求め方などがBallスクリプトから分かります。

ここまで調べて分かったこと

Unity 2017.2でタイルマップ機能がリリースされたので、まだ2d-extrasなど細かい機能はUnity本体に取り込まれてないようです。初めて使う場合は、上記のプロック崩しサンプルと、2d-extrasを用意して、似たようなプロジェクトを作ってみるのがよさそうです。

 

Unity公式2d-techdemo

Prefab custom brush(プレハブカスタムブラシ)の作り方

ダウンロード

https://github.com/Unity-Technologies/2d-extras をgit cloneまたはzipファイルでダウンロードして展開します。2d-extras/Assets/Tilemapフォルダーがあるので、これを自身のプロジェクトにコピーします。

ブラシ作成

コンテキストメニューからCreate->Prefab Brushでブラシを作成します。

ブラシにプレハブを設定

Tile Paletteタブから作成したブラシ(CoinBrush)がを選択します。

Prefabsのsizeを1にして、Element 0にプレハブを設定します。今回は、コインの画像からあらかじめCoinプレハブを作っておいたのでこれをブラシに設定します。

プレハブブラシで塗る

HierarchyでGridにタイルマップを用意して、それを選択します。以下画面中央の、Active Tilemapが選択されたものになります。この場合は、ItemTilemapになります。また、画面右下のブラシがCoinBrushになっていることを確認し、あとは、Sceneタブ画面で通常のブラシと同じように塗ることが可能です。

まとめ

プレハブ用のブラシを作成できるようになりました。プレハブだと、スクリプトで処理ができるので、OnTriggerEnter2Dでコイン取得後に削除などの処理をつくれます。またGameObject用のブラシもあるようです。

現時点では、2d-extrasを別途インストールしないといけませんが、Unityのバージョンが上がれば初期で対応されると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA