ドラッグアンドドロップのチュートリアル動画をやってみました。

マインクラフトやディアブロのインベントリーはアイテムをドラッグアンドドロップすることが可能です。将来インベントリー管理を作るときに役立ちそうなので以下のチュートリアルに挑戦してみました。このチュートリアルは30分の動画が3本で、多くの事を学べました。

この動画シリーズは90分ぐらいでUnityのGUIの基礎が分かるためお勧めです。このカードゲームで基礎を学べばインベントリー作れそうです。この動画をやると、UnityのGUIのイベントシステムとEvent Triggerを使わずC#スクリプトのみで実装する方法の基礎がわかります。学習できるキーワードとしては以下になります。

  • Graphics Raycaster
  • Canvas Group – blockRaycasts
  • Layout Element
  • Layout Group
  • Event System
  • IBeginDragHandler, IDragHandler, IEndDragHandler
  • IPointerEnterHandler, IPointerExitHandler
  • IDropHandler
  • SiblingIndex

第2回までは、基本的に言われたとおりにソースコードを打ち込んでいくだけで理解できるので問題ありませんが、第3回はカードをドラッグしたときに、その元の位置を保持する仕組みを作るため、かなり難しいです。とはいえ動くソースコードが手に入ってGUIのキーワードがたくさん分かったので、ソースコードの解析は今後の課題として、この知識をインベントリー管理に役立てたいです。

また、今回Horizontal Layout Groupを使いましたが、インベントリー管理の場合はGrid Layout Groupをうまく使う必要がありそうです。

プロジェクトの配布

http://hajimete-program.com/games/Unity Tutorial – Drag & Drop Tutorial (quill18creates) – 02.zip

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA