Blenderで結月ゆかりにアニメーションをつけてみました。

トップダウンシューティングのチュートリアルが完了したので、以前MagicaVoxelで作った結月ゆかりモデルにBlenderでアニメーションをつけて、Unityで動かしてみました。はじめてのモーション作成ですが、やっぱり自分で作ったキャラクターが動くのはいいですね!

Blenderでアニメーションを用意して、Unityで再生
Blenderでアニメーションを用意して、Unityで再生
002
.blendファイルとpngをドラッグアンドドロップするとfbxが作成される

Unityでは、Cubeなどを拡大縮小したり回転したりしてアニメーション・クリップを用意できますが、Blenderで作ったhumanoidベースのモデルの場合は、Unityでボーン修正してアニメーション作るのは簡単ではないようです。Unity上で試行錯誤しましたが、私は結局やり方が分からず、最終的にはBlender側でアニメーションを作成して、それをUnityに読み込むことにしました。

Unityでゲームを作る場合は、Blenderでモデリングとアニメーションをする人と、Unityでプログラミングをする人を明確に分けれるので、複数人がやりやすいと感じました。

FBXを生成する必要なし?

ネット上を見るとBlenderで、FBXファイルをエクスポートするという方法をよく見かけますが、特に細かい設定をしない場合は、そのまま.blendファイルを画像ファイルをUnityにドラッグアンドドロップすれば自動で、FBXが生成されるようです。

 

ImageEffectsをいろいろつけた
ImageEffectsをいろいろ試した

まとめ

Blenderでアニメーションを複数用意して、FBXファイルとしてエクスポートして、Unityで動作させる一連の作業フローが確立できました。まずはゲームを作るため適当なモーションになりますが、少しづつ磨き上げていこうと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA