プログラミング初心者にお勧めのテキストエディターは、VisualStudioCode

お勧めのテキストエディターが酷い

お勧めのテキストエディターをGoogle検索すると、SEO対策したサイトがたくさん表示されます。大抵簡単な説明だけで実際に使っているようには見えません。そこで、プログラマーとしてプログラミング初心者にお勧めのテキストエディターを紹介します。

どのテキストエディターがよいですか?

VisualStudioCode(=びじゅある・すたじお・こーど)です。これはマイクロソフトが開発している無料の近代的テキストエディターです。良いところは、初めからいろんなプログラミング言語に対応していて、プログラミング言語を入力すると色分けを自動でやってくれます。またコード入力補完もあり動作が安定しているところです。よくATOM(=あとむ)をおすすめしている人がいますがあまり安定していないのでプログラミング初心者はやめましょう。ほかの候補としては、アドビのBrackets(=ぶらけっつ)があります。アドビはフォトショップやFlash(=ふらっしゅ)を作っている会社で、このBracketsも無料で使えるのでお勧めです。

VisualStudioCodeは、公式ページが英語ですがマイクロソフトなのでそのうち日本語のページもできるはずです。当然、このテキストエディターは日本語対応しています。「Download for Windows」をクリックすると、インストール用ソフトがダウンロードされるので、それでインストールできます。

サクラエディタはどうですか?

VisualStudioCodeとサクラエディタ両方インストールして使い分ければよいです。私も長い間サクラエディタを使っていたのですが、最近はパソコンの性能が良いので、インストールしないようになりました。

使ってはいけないテキストエディター

プログラミング初心者が使ってはいけないテキストエディターは、Vim(=ぶいあいえむ)とEmacs(=いーまっくす)です。プログラミングをやっていると、このテキストエディターが必要になる時が来ます。そのときに学びましょう。

ロリポップでワードプレス!

ロリポップを導入したのですが、まったく全然使ってないのでWordPressを導入してまずはコンテンツを増やそうと思います。

ロリポップでのWordPressのインストールは簡単だった

ロリポップでWordPressを使う場合は、簡単インストーラーがあるのでブログのタイトルなどを入力してすぐに使えます。またWordPress用のディレクトリーが作成されるだけなので、WordPressを使ったらPHPやPythonなどのスクリプトが使えなくなってしまうということはありません。