「はじめてのUnity」をリリースしてみましょう。

公式サイトのチュートリアルではリリース方法が書かれていませんでしたが、WindowsまたはWebGL版を配布する方法は簡単です。メニュー->File->Build Settings…を選択すると以下ダイアログが表示されるので、”Add Open Scenes”ボタンで現在のシーンと追加し、”Build”ボタンでビルドします。

unity02

unity03

実際にWindows x86版とWebGL版をリリースしてみました。WebGL版はFlashゲームなどに比べるとちょっとダウンロードに時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA