Python2と3がインストールされている環境で、venv仮想環境を用意してvscodeで開発をする方法

はじめに

Windows10で、Python3+venvを使い、環境を汚さずにプロジェクトの仮想環境を作りvscodeで開発するための初期設定メモです。

私は、Windows10に、Python2.7とPython3がインストールされている環境で、pythonを実行したらPython2が実行されpy.exeで切り替えられる環境になっています。

仮想環境venvと起動終了について

Pythonはpipコマンドでインターネット上のライブラリーを取得し使えます。ある程度使うと、PCごとのライブラリー管理ではなく、プロジェクトごとに管理したくなります。

以前は様々な仮想環境がありましたが、現在は標準でvenv仮想環境がインストールされます。以下のように1つのコマンドで簡単に仮想環境が用意できます。-m venvでvenvモジュールを使って、pyコマンドでpythonを実行します。また<name>に任意の名前を付けれますが、venvとする場合が多いようです。

ちなみに、py.exeで2か3どちらをデフォルトで起動するかは、PY_PYTHONで変更できます。py.iniファイルを記述する方法もあります。

venv仮想環境を用意した後、使うにはacivateし、使い終わったらdeactivateをします。仮想環境を用意したら<name>/Scripts/Activate.ps1とDeactivate.ps1が用意されるのでこれを実行すれば良いです。

実際にやってみる

hello_myprojectという名前でフォルダーを作成し移動

venvという名前で仮想環境作成

vscode起動

vscode上で CTRL+@ でPowershellを起動し、vscode上のPowershellで仮想環境を使えるようにする。

venvフォルダーにtest.pyを作成する。

この時に、Python3.6.x(venv)をvscodeが見つけて、pylintのインストールを促すので、Installします。以下のようにpylintが失敗する場合もありますが、

ターミナルは、(venv)のようにすでに、Python3のevnvが有効にされた状態なので、「python -m pip install –upgrade pip」を実行し、その次に「pip install pylint」を実行します。

あとは、このまま開発を続けられます。仮想環境はアクティベートが必要なことを忘れないようにしましょう。OSを起動し直したら、当然仮想環境は停止した状態なので、再度アクティベートする必要があります。

まとめ

Windows10で、Python3+venv+vscodeの環境を構築しました。

venv仮想環境は、アクティベート、ディアクティベートで起動、停止を行います。

プロジェクトフォルダーに、venv仮想環境(今回はvenvという名前にした)を用意して作業します。仮想環境名=プロジェクト名にして管理したくなりますが、そうするとvscodeが単純に認識しなくなるようです。

 

 

VSCodeでVisualStudio2017のcl.exeを使う場合、VsDevCmd.batとVSCMD_START_DIRに注意

Visual Studio 2017では、コマンドプロンプトでcl.exeなどの開発ツールを呼び出す方法がVsDevCmd.batに変わりました。このバッチファイルは初期設定でディレクトリー移動をしてしまうので、現在のディレクトリーから移動したくない場合は、環境変数VSCMD_START_DIRを使います。

set “VSCMD_START_DIR=%CD%”

https://developercommunity.visualstudio.com/content/problem/26780/vsdevcmdbat-changes-the-current-working-directory.html

環境構築

vscodeをインストール後、拡張機能cpptoolsをインストールします。https://code.visualstudio.com/docs/languages/cpp などを参考に、c_cpp_properties.jsonとtasks.jsonを.vscodeディレクトリーに用意します。以下build.batは、プロジェクトのルートディレクトリーに配置します。c_cpp_properties.jsonは自動生成です。

build.bat

.vscode/tasks.json

tasks.jsonは、”command”をbuild.batに書き直してそれ以外は、デフォルトのままです。argsは使ってません。

vscodeの設定ファイルは、.vscode内、build.batはルートディレクトリー

これで、Ctrl+Shift+Bで、コンパイルできるようになります。

まとめ

ひとまず、VisualStudio2017がインストールされた環境で、vscodeでもC/C++プロジェクトを開発できるようにしました。また、この設定により、Ctrl+Shift+Bでビルドできるようになりました。ただし現時点では、かなり手順が必要で面倒です。cl.exeにこだわる必要がない場合は、Bash on Windowsか、単純にエディターとコマンドプロンプトでもよさそうです。

 

簡単にvscodeでp5jsの入力補完をする方法

はじめてプログラミングをしてみた人でも設定できるp5jsの入力補完の方法です。マイクロソフトが無料で開発しているvscode(=Visual Studio Code)エディターを使うとp5jsの補完が簡単にできます。

tsファイルをダウンロード

以下のリンクから、p5.d.tsファイルとp5.global-mode.d.tsファイルをダウンロードして、プロジェクトのフォルダーに配置します。

https://github.com/LujunWeng/demos-p5js/tree/master/typings/p5js

tsファイルをダウンロードしたところ

コメント行を書く

sketch.jsのはじめの行に上記のコメントを書きます。あとは、createなどを書くと入力補完ができるようになります。

入力補完ができた!

vscodeの入力補完は優秀で、引数の値を入力すると、その細かい内容まで以下のように表示してくれます。

技術的な話

tsファイルはTypeScriptの型定義ファイルで通常TypeScriptで使われますが、TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットなので、.jsファイルも混在可能です。そのためふぃあるのコメント行で型定義ファイルを指定すると補完が可能になります。このファイルの英語を日本語に直せば単純に変更できます。github上でTypeScriptの補完に関しても議論されているようです。現状、npm の@typesでこの型定義ファイルがダウンロードできないので、今後p5.js団体が管理してくれるとありがたいです。

まとめ

すべて手入力は面倒なので、簡単に補完する方法をまとめました。単純にファイルをダウンロードして、コメント行を追加するだけなので、プログラマーでない人でも簡単に導入できると思います。