Python2と3がインストールされている環境で、venv仮想環境を用意してvscodeで開発をする方法

はじめに

Windows10で、Python3+venvを使い、環境を汚さずにプロジェクトの仮想環境を作りvscodeで開発するための初期設定メモです。

私は、Windows10に、Python2.7とPython3がインストールされている環境で、pythonを実行したらPython2が実行されpy.exeで切り替えられる環境になっています。

仮想環境venvと起動終了について

Pythonはpipコマンドでインターネット上のライブラリーを取得し使えますが、ある程度使うと、プロジェクトごとにライブラリーを管理したくなります。そこでいろんな仮想環境ライブラリーが生まれましたが、現在のPythonには標準でついています。以下のコマンドで仮想環境を用意できます。

ちなみに、py.exeで2か3どちらをデフォルトで起動するかは、PY_PYTHONで変更できるようです。py.iniファイルを記述する方法もあります。

venv仮想環境を用意した後、使うにはacivateし、使い終わったらdeactivateをします。仮想環境を用意したら<name>/Scripts/Activate.ps1とDeactivate.ps1が用意されるのでこれを実行すれば良いです。

実際にやってみる

hello_myprojectという名前でフォルダーを作成し移動

venvという名前で仮想環境作成

vscode起動

vscode上で CTRL+@ でPowershellを起動し、vscode上のPowershellで仮想環境を使えるようにする。

venvフォルダーにtest.pyを作成する。

この時に、Python3.6.x(venv)をvscodeが見つけて、pylintのインストールを促すので、Installします。以下のようにpylintが失敗する場合もありますが、

ターミナルは、(venv)のようにすでに、Python3のevnvが有効にされた状態なので、「python -m pip install –upgrade pip」を実行し、その次に「pip install pylint」を実行します。

あとは、このまま開発を続けられます。仮想環境はアクティベートが必要なことを忘れないようにしましょう。OSを起動し直したら、当然仮想環境は停止した状態なので、再度アクティベートする必要があります。

まとめ

Windows10で、Python3+venv+vscodeの環境を構築しました。

venv仮想環境は、アクティベート、ディアクティベートで起動、停止を行います。

プロジェクトフォルダーに、venv仮想環境(今回はvenvという名前にした)を用意して作業します。仮想環境名=プロジェクト名にして管理したくなりますが、そうするとvscodeが単純に認識しなくなるようです。