cocos2d-xは環境構築回りがあまり追随できていない模様

ここ数日Cocos2d-x 3.16をインストールして開発環境構築やシーンを作成したりしました。環境回りでいくつか問題が見えてきたので書いておきます。

インストールにPython2.7が必要

下位互換性のためかPython3に移行しないようです。

AndroidStudio更新に追いついていない。

次のCocos2d-xで警告は解消されるようですが、Gradle、AndroidSDKのバージョンに追い付いていないです。AndroidStudioで開発を始めると警告が消えないままになります。

静的ライブラリーが生成できない。

cocos2d-x 3.16をインストールした初期設定ではgen-libsコマンドが実行できませんでした。githubからcloneしたりすると出来るかもしれません。

VisualStudio2017に対応していない。

cocos2d-xは、VisualStudio2017でソリューションを開いて、その中にある各プロジェクトを右クリックして「再ターゲット」をすると、プロジェクトを2017に対応できます。これでひとまず開発できますが、上記のような静的ライブラリーはわかりませんでした。

AndroidStudioで実機確認すると重い

ゲーム開発中はちょっと修正して動作確認したいと思いますが、ビルドとapkファイル更新に数十秒かかるので、かなりのストレスになります。

cocosコマンドとテキストエディターで開発

AndroidStudioでスマートフォン実機で開発し始めましたが、win32用にVisualStudioまたは、cocosコマンドとテキストエディターである程度開発するのが効率がよさそうでした。