Unity Create a Game Series (E12. finishing the map generator)をやってみました。

引き続き、「Unity Create a Game Series」をやりマップの自動生成の作業が完了し、第7回までに作ったトップダウンシューティングゲームに組み込みました。

マップ自動生成をゲームに組み込んだところ
マップ自動生成をゲームに組み込んだところ

今回の第12回は、障害物に高低差を付け、グラデーションを付けれるようにしました。高低差はScaleで変更できるのが容易に想像できますが、Materialをプログラムから操作するのは少ないので、このチュートリアルで扱えてよかったです。また、今回は、Game.unityシーンに、MapGeneratorのオブジェクトをコピーペーストしてゲームに反映させました。MapGenerator.unityはシーンとして独立して保存しているのでいろいろ修正が可能です。

002
Unityエディターで、各マップを設定できるようにしている

MapGeneratorスクリプトには、Mapクラスを作り、その配列をUnityエディターから操作できるようにしたので、ちょっとしたマップの修正を検証するのが簡単になりました。

マップ自動生成の基礎プログラミングを手に入れた

様々なパラメータを修正できる
様々なパラメータを修正できる

今回まで一番の収穫は、プロシージャル・ジェネレーションの基礎を学習できたことです。ローグライク系ゲームのように、フロアを自動生成するような仕組みに作り替えたりはまだできませんが、それをするためのメッシュ生成や配列操作などは学べました。

このプロジェクトの配布

http://hajimete-program.com/games/Unity Create a Game Series (E12. finishing the map generator).zip

Unityエディター拡張入門のWeb版が無料公開

001

Unityエディター拡張入門 のWeb版が無料公開されているようです。

Unityでちょっとしたメモを書きたいときにテキストエディターが組み込まれていると便利です。またプロジェクトを新規作成した時にSceneフォルダーなどを一通り作ってくれるとありがたいです。C#の勉強もかねて自作のエディター拡張を作ってみたいです。