Windows10にJekyllの環境を構築

Github Pagesを使うと、無料でWebサイトが構築できます。またGithub Pages自体がJekyllで出来ているそうなので、Windows10にJekyll環境を構築します。

Rubyのインストール

Rubyの公式サイトで調べるとWindows版のRubyは、RubyInstaller.org を使うとよいそうです。rubyinstaller-2.3.3-x64.exe を起動してRubyをインストールします。インストール・ウィザードで、環境変数を設定するか聞かれるのでチェックを入れておきました。

gemからJekyllのインストール

rubyは、gemパッケージ管理コマンドがあるので、bundlerとjekyllをインストールします。

Jekyll の公式日本語サイトでは、gem install jekyllだけが書かれていましたが、依存関係でbundlerが必要でした。bundlerをインストールしていないと、jekyllコマンド実行時に以下エラーが出ました。

jekyllプロジェクトの作成

jekyllの公式サイトに沿ってコマンドを実行すればよいだけです。

これで、http://localhost:4000/にアクセスするとJekyllで構築されたサイトが表示されます。

jekyllで静的サイトができた!

あとはMarkdown方式でテキストを書けば手軽に静的Webサイトが作成できます。初期状態でモバイル対応しているのも大変ありがたいです。