GAE/Goは、$GOPATHにあるアプリで参照されているファイルをアップロードする

現在、GAE/Goで、Cloud Translate APIとDatastoreを使った中国語から日本語の単語翻訳、単語帳アプリを作っています。ひとまずデータ登録などをGAE/Goできて以下のサイトの「goapp は $GOPATH 以下もアプリケーションのソースとしてアップロード/コンパイルする」というのが気になったので調べてみました。

記事でちゃんと書いてありますが、自分が作ったGoアプリのimportで使っているファイルすべてがアップロード対象になります。つまり$GOPATHにあるアプリで参照されているファイルです。当たり前ですが$GOPATH/src全てではありません。(私は、何を読み間違えたのか、$GOPATH/srcが対象と勘違いしました。)

実際に確認してみる

どのファイルがアップロードされるかはデプロイ時に–verbosity=infoを付けるだけです。appdata環境変数にもログが出力されます。

通常gcloud app deployコマンドを実行すると[Do you want to  continue(Y/n)?]と表示されますが、–verbosity=infoにしていると、この入力待ちの時にログから、これからアップロードするファイルを確認でき、実際にエクスプローラーでも確認できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA