GAE/Go開発メモ

GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS

AppEngineで各種クライアントライブラリーを使う場合はこれを求められる。日本語情報も豊富にあるので、設定方法は簡単で、ファイルをダウンロードしてpowershellで設定。これで、ローカル開発環境で各種ライブラリーが使えます。

本番環境は自動化されている

本番環境にこのファイルを持っていけばいいのかというと、その必要はなくて サーバー間での本番環境アプリケーションの認証の設定 で、この指定がなければ自動で、デフォルトのサービスアカウント情報を使います。

そのため、ソースコード内には、クライアントライブラリーを使うための認証ソースコードなどがなく(もちろんその方法もあります。)github.comなどでも管理しやすいです。

pyコマンドで、dev_appserver.pyを動かす方法

Windowsでは、Python2と3をインストールしている場合、py -2コマンドでPython2.7を実行します。またSDKのインストール先が、sdk.staging/binになる場合があるので、エクスプローラーで確認する必要あります。(現状再インストールしたら、sdk.stagingはなくなり、sdk/binになりました。)

dev_appserver.pyでサーバーを実行した場合、ファイル監視されているので、Goファイルを修正したら、ブラウザーリロードで変更が確認できます。

  • –clear_datastore=trueでdatastoreをクリア
  • –clear_search_indexesでインデックス削除。データストアのクエリーを変更してインデックスが不正な場合などに使う

本番環境デプロイはgcloudコマンド

少し前までは、Google Cloud SDKではなく、AppEngine SDKのためgoappコマンドがありましたが、今は存在しないので、glcoud app deployで本番環境にデプロイします。

Windows環境でGAE/GoとPythonについて

Google Cloud SDKがPython2.7に依存しているためPythonが必要になります。Windowsの場合は、Python2.7とPython3系を両方インストールすればよいです。現在のPythonはpy.exeで”py -2″でPython2を実行し、”py -3″でPython3を実行できます。

Google Cloud SDKの場所

コマンドプロンプトの場合は、%localappdata%でアクセスします。

“%localappdata%\Google\Cloud SDK\google-cloud-sdk”

PowerShellの場合は、$env:localappdataでアクセスします。

“$env:localappdata\Google\Cloud SDK\google-cloud-sdk”

ちなみにLocalAppDAtaは、C:\Users\<username>\AppData\Local

dev_appserver.pyの場所

Google Cloud SDKの場合は、”$env:localappdata\Google\Cloud SDK\google-cloud-sdk\bin\dev_appserver.py”フルパスで指定するとよいです。

ひとまずフルパスで指定するとよい

数年前はAppEngine SDKがあったので、それを環境変数Pathに設定して、dev_appserver.pyなどを実行していましたが、今は、Google Cloud SDK付属のdev_appserver.pyを使います。

2018年06時点では、Google Cloud SDKで本番にデプロイできますが、単体テストをするためには、AppEngine SDKを使う必要があります。

両方のSDKを環境変数Pathに通すと、「ある日突然、コマンドが動かないトラブルが発生しコードを長時間調べても問題なし、結局Pathの順番が落ちだった。」みたいになりかねないので、理解が深まるまでは、フルパスで実行するのもよさそうです。

Google Cloud SDKインストーラーが正常に動作しない

Google Cloud SDKは、Python依存のためインストーラーが正常に動作しない場合があるようです。エンコードエラーが発生したと表示される場合があります。このような場合は、バージョニングされたアーカイブ で少し前のバージョンをインストールするとうまくいくかもしれません。

私の場合は、更新後問題が発生したため、すべて削除して解決しました。

 

2018/06/29 インストーラー実行時にバンドルのPythonを有効にし、CLOUDSDK_PYTHON=C:\Python27\python.exeをシステム環境変数に設定したら正常にインストールできました。矛盾してますが…

Google Cloud SDKと App Engine SDKの違い

現在はGoogle Cloud SDKをインストールして、gcloudコマンドで本番環境にデプロイしますが、以前はApp Engine SDKがありappcfgやgoappコマンドがありました。

Unitテストを実行する場合はgoapp testコマンドを実行するので、Google Cloud SDKとApp Engine SDKが必要になります。Google Cloud SDKに統合されていないので、非常に面倒です。

Local Unit Testing for Go

goappコマンドを使えるように一時的にPowershellで環境変数を設定する

Unitテストをするために、App Engine SDKのzipファイルをc:\devに展開しました。powershellでは、環境変数のダイアログではなく、起動しているPowershellのコンソールのみに以下のように適用できます。

 

GAE/Goの単体テストが重すぎる

Corei5 3GhzのPCで以下のdatastoreにデータを1つ登録、取得し確認するのに、30秒ぐらいかかります。

goapp testコマンドを実行すると以下のようにログが出力されて、go-app 11.997sと最終行に出ていますが、ログが表示されるまでに10秒以上かかる場合があります。

 

Cloud Datastoreの親子関係

以下のデータ構造はよくあります。

  • ユーザー毎のブログデータを作る
  • カテゴリ分けした記事を作る
  • ディレクトリーに分けて、ファイルを保存する

このような親子関係で分類したデータをCloud Datastoreで作る場合は、Cloud Database – データの整合性 を読むと解決できそうです。祖先クエリーや、エンティティグループという概念があるので、これで作れます。またカテゴリー分けしたTodoListのサンプルコードもあるので、これをベースにするとすぐに実装できそうです。

チュートリアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA