UnityのTilemap機能のGameObjectBrushの使い方

Unity2017.3では、githubから2d-extrasを取得して2d-extras/Tilemapフォルダーを自分のプロジェクトにコピーするといろんなブラシやタイル機能が追加されます。この中に、GameObjectBrushがあります。以下訳してみましたが、ちょっとわかりづらいので実際に使ってみます。

GameObject: This Brush instances, places and manipulates GameObjects onto the scene. Use this as an example to create brushes which targets objects other than tiles for manipulation.

GameObject: このブラシは、シーン上のオブジェクトのインスタンス化、配置、操作をします。タイル以外のオブジェクトを操作対象とするブラシを作成します。

使ってみる

以下画像は、パレットやブラシを使わず、Tilemapの子要素に、スプライトを直接配置して、Transformでグリッド上に配置したところです。画像ファイルをHierarchyにドロップして、Transfromのx,yの値を変更しました。

HierarchyでTilemapオブジェクトを選択し、GameObjectBrushを選択します。そうすると、タイルマップで用意されている他のブラシと同様に、このGameObjectBrushで、pickして、ペーストすることが可能です。またGameObject をこのブラシで扱えるようにするためには、グリッドに合わせる必要があります。

まとめ

  • GameObjectBrushで、任意のオブジェクトをブラシ操作できるようになる
  • 任意のオブジェクトはあらかじめグリッド上に合わる必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA