KotlinとJavaFXで遺伝的アルゴリズムで、特定文字列(“to be or not to be”)に進化させる

以前Nature of Codeで作った遺伝的ルゴリズムのプログラムを移植しました。KotlinとJavaFXで遺伝的アルゴリズムで、特定文字列(“to be or not to be”)に進化させるプログラムです。Kotlinのコレクションクラスは、List.mapやList.forEachのようにIteratableインタフェースの便利APIが用意されているので、for文を使わず簡素に書けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA