ユーザー定義リテラル(user defined literals)

C++11では、「ユーザー定義リテラル(user defined literals)」機能により、数字や文字列などのリテラルにサフィックスを付けられます。

OpenSiv3Dでは、MathConstants.hppで_pi、_degユーザー定義リテラルを実装していて、double a = 2.0_pi;のような記述ができます。

実装してみる

実装方法は演算子のオーバーロードと同じです。コード量も少ないので、https://cpprefjp.github.io/lang/cpp11/user_defined_literals.html などを参考に実装できます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA