githubのpushで、remote:Permission to xxxx denied to xxxxが発生するときの対応方法

対応方法

github.comに複数のユーザーを持っていて、Windows環境でユーザーをを切り替えたときに発生したら、[コントロール パネル]->[ユーザーアカウント]->[資格情報マネージャー]のWindows 資格情報の一覧から、github.comを探して一度全部削除してみるとよいです。

 

私の症状

github.comに複数のアカウントを持っていて、新しいアカウントでpush仕様としたときに以下が発生しました。globalに設定した、user.nameやuser.emailが悪さをしているのかと思い削除したりしました。またgitのglobalの設定は以下になっているので、–unsetコマンドで、credential.helperの設定を削除しましたがうまくいきませんでした。

credential.helperを削除したらパスワード入力画面がでてくるのかと思ったのですがそれも表示されなかったので、厄介な問題でした。

参考資料

http://stackoverflow.com/questions/15381198/remove-credentials-from-git

http://qiita.com/uasi/items/a340bb487ec07caac799

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA