マインクラフトでDラッチ

Dフリップフロップ回路はデータを保存できるので、複数並べるとレジスターになります。最新のマインクラフトではレッドストーン回路のリピーターで信号を止めることができるため、これで先ずはDラッチ回路を作ってみます。

 

2bitのレジスター

参考資料

https://www26.atwiki.jp/minecraft/pages/26.html#id_c8183ecb

 

Dラッチ回路

画像のようにリピーターを交差するような感じで配置します。

リピーターをこのように並べると、以下Gif画像のように信号が伝わらないように遮断棒がでてきます。

右上のリピーターに、棒が表示される

左側のリピーターのように棒が横たわると、リピーター上を信号が伝わらなくなります。

遮断棒が下りているので、スイッチを押しても信号が伝わらない。

もう一度、リピーターを見てみましょう。リピーターは、レッドストーントーチで出来ています。遮断機が下りて、左のスイッチからの信号が伝わらなくなります。ですが、リピーターのレッドストーントーチは、以前の状態を保持しているので、出力も以前の状態になります。現在のスイッチの変更は関係なくなります。これは遮断機が下りた時の状態を保持している事になります。

つまり、これを並べるとメモリーやレジスターになります。

リピーター上のレッドストーントーチが遮断機が下りても、前の状態を保持

黄色いブロックにレッドストーントーチを横につけてNOT回路を作っていますが、これは、クロックを表す側のリピーターがONになったときに、(=Highになったとき)に、状態を保持するためです。これをハイレベルエッジと言います。

マインクラフトではまだわかりませんが、現実世界のハードウェアでは、このレベルエッジを適宜切り替えて使っているそうです。

 

まとめ

マインクラフトでDラッチ回路を作成しました。次回はDフリップフロップ回路を作って、クロック入力の立ち上がり時のみ入力状態が反映され、それ以外では保持されるようにしてみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA