Minecraft1.11.2にRaspberry Jam Modをインストール

Minecraft1.11.2にComputerCraftModのインストール」で、マインクラフトの最新1.11.2を1.8.9の状態で遊べるようにしてそこにComputerCraft Modをインストールしました。今回は、Raspberry Jam Modをインストールします。

Raspberry Jam Modとは

パソコンからMinecraftをプログラミングで操作するModです。

マインクラフト1.8.9以上で動きます。

Raspberry Piという教育用コンピュータが5000円ぐらいで購入できます。これには無料のマインクラフトも入っていて、はじめからプログラミングでマインクラフトを操作できます。パソコン版のマインクラフトでも同じようにパソコン側からプログラミング出来るにするのが、このRaspberry Jam Modです。

http://www.instructables.com/id/Python-coding-for-Minecraft/

 

プロファイル作成

プロファイルの作り方が分からない場合は、以下を参考にしてください。

ComputerCraftModをインストールしたときに、マインクラフト1.8.9用のFORGEなどもインストールしたので、最新の1.11.2で、1.8.9の環境を用意します。

1.8.9用のFORGEでプロファイルを作成します。

名前は、1.8.9_RaspberryJamModにして、バージョンを前回インストールした、マインクラフト1.8.9+FORGEで作ります。ゲームディレクトリも\versions\1.8.9_RaspberryJamModにしました。

マインクラフトを一度起動

これで、一度マインクラフトを起動します。

マインクラフト1.8.9でFORGEを導入した状態で起動
はじめての起動でいろんなフォルダーが自動で作られる

はじめて起動すると、各種フォルダーが上記のように自動で作られます。マインクラフトを停止しましょう。

 RaspberryJamModのインストール

https://github.com/arpruss/raspberryjammod/releases からmods.zipとpython-scripts.zipをダウンロードします。

mods.zipを展開して、1.8.9用のRaspberryJamMod.jarを%appdata%\.minecraft\versions\1.8.9_RaspberryJamMod\modsにコピーします。

Modのインストールを確認

マインクラフトを起動して、[Mods]ボタンをクリックして、Raspberry Jam Modがインストールされているのを確認します。

やったー!!!

サンプルスクリプトの配置

python-scripts.zipには、サンプルが入っているのでzipを展開します。展開したら、mcpipyフォルダーが中にあるので、%appdata%\.minecraft\versions\1.8.9_RaspberryJamMod\にコピーします。

マインクラフトのフォルダーは、%appdata%\.minecraft をエクスプローラーに入力して、エンターキーで移動できます。

 

注意:コピーする先は、マインクラフトのフォルダー(%appdata%\.minecraft)ではありません。今回作成したプロファイルのフォルダー(%appdata%\.minecraft\versions\1.8.9_RaspberryJamMod)です。このプロファイルでRaspberryJamModを有効にしたのでここのプロファイルのみで使えます。

公式のマニュアル(http://www.instructables.com/id/Python-coding-for-Minecraft/?ALLSTEPS)を見ると、%appdata%\.minecraftで説明しているので、こちらにmcpipyをコピーして作業しましたがが正常に動作しませんでした。

まとめ

ここまででマインクラフト1.11.2で、1.8.9+FORGEの環境を用意して、Raspberry Jam Modのインストールを行いました。次回は動作確認を行います。

続き

Minecraft1.11.2にRaspberry Jam Modの動作確認 へ続きます。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA