ベン図を書こう

関数型プログラミング言語のF#を勉強していく過程で、関数型言語はプログラミングよりも数学の集合や写像を勉強したほうが良いことが分かってきました。

もう少し具体的に言うと、数学のテストが解けるようになるのではなく、プログラミングで普段使っている、集合、Set、disjoint union、Discriminated Union、直積、直和、関数、function、マップ、タプル、などを、数学の記号、数学の読み方、XY座標、ベン図でも理解できるようにしておかないといけないと感じました。

といっても数学の勉強をしはじめると眠くなるだけなので、Python3のmatplotlibでベン図を作ってみようと思います。本当はF#でやってみたいのですがやりかたが分かりません。

Windows10で手軽なPython3環境構築

Windows10でPython3の環境を簡単に構築するには、以下だけです。

  1. Python3を公式サイトからインストール
  2. Visual Studio Code テキストエディタをインストール

Visual Studio Codeは、hello.pyなどのファイルを作ってpythonを書いていこうとすると、それを検知して、Python拡張機能インストールする?pep8インストールする?といい感じにやってくれます。なので、autopep8,pep8,pylintなどがボタン押しているだけで構築できます。

matplotlibのインストール

依存関係で、numpyなど必要なライブラリーもインストールしてくれます。

またsympyという数式処理ライブラリーもあるようです。これも必要ならpipで簡単にインストールできました。

 

追記

Windows10(64bit)+Python3.5(32bit)だと、pip install scipyでSciPyがインストールできませんでした。以下URLを参考にして、pip uninstall numpyをして、.whlファイルをダウンロードして、numpy+mklとSciPyをインストールしました。ダウンロードするファイルはたくさんありますが、cp35とかcp36と書かれているのは、CPythonつまり普通のPythonの事です。よってPython3.5(32bit)を使っている場合は、cp35-cp35m-win32.whlという末尾のファイルをダウンロードしてインストールします。

http://qiita.com/r-ngtm/items/15caf43648acbccd37d2

 

とりあえず、サインカーブ

matplotlibを使うとWindows10のPython3で簡単にベン図が書けるようなので試してみます。

001
できた!

ベン図を書いてみます

pip install matplotlib-venn

とりあえず動作テストをしてみます。

figure_1
ベン図だ!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA