MagicaVoxelで東方プロジェクトのキャラクターも作ってみました。

A04

昨日はあまり実装する意欲がなかったので、東方プロジェクトのキャラクターの魂魄妖夢と十六夜咲夜を作ってみました。AH-SoftwareのVocaloid+と東方プロジェクトは、無償で二次創作をする際には、緩いライセンスのようで、ミニゲームを作るときのキャラクターとして使っても問題なさそうです。あと魔女っ娘も作ってみました。

以前、Blenderでリギングをしたので、これらモデルはボーンを簡単に入れられるはずなので、もう少しキャラクターを揃えてから、リギング作業をルーチンワークとして行い、作業手順を頭に叩き込みたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA