次に作るゲームは、トップダウン形式のシューティングゲーム

MagicaVoxelを使うことで絵が描けなくても3Dモデリングができなくても、キャラクターを用意してリギングとアニメーションができそうなところまできました。実際に、先日の「MagicaVoxelで東方プロジェクトのキャラクターも作ってみました」では、簡単なキャラクターをつくりました。

A04

 

どのようなゲームにするか

ニコニコ動画に「Left 4 Ships」というトップダウンのシューティングゲームがありました。またちょうど、Sebastian Lagueさんがトップダウンゲームのチュートリアルを用意しているので、このチュートリアルを実装してトップダウンのシューティングゲームの基礎を手に入れて、MagicaVoxelで作ったキャラクターで遊べるようにしたいです。ゲームの概要

  • トップダウン(見下ろし)シューティングゲーム
  • ステージは、マップ・ジェネレーションで、1、2画面の無機質なステージ
  • 5分~10分で遊べるゲーム
  • アイテム要素、ショット切り替えなし
  • アニメーションなし

最初のゲームは上記のような感じで大風呂敷を広げません。とりあえずSebastian Lagueのチュートリアルの実装で、キャラクターをMagicaVoxelにするという感じです。これであれば、なんとか完了できそうです。

将来的な要素

以下があると本格的なトップダウンシューティングになりそうです。

  • ジャンプ、ドッジ(スピン)
  • ノックバック
  • ボム、詠唱、キャラクター・コレクション
  • コンビ技
  • ランキング
  • アニメーション
  • ステージテクスチャ
  • SE,BGM
  • 構造物破壊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA