OpenBook「第5章 【第6回】立体迷路を作ろう」をやってみました。

unity07

本来は正確にコライダーを用意して上記gif動画のようにチートができないようにしなければいけませんが、トリガーの使い方はブロック崩しで分かっているので、コライダーは中央に1つあるだけで手抜きしました。またプレイヤーの重力の設定などが甘いため、空中を何とか移動できるようになっています。

立体迷路は、プレイヤーの移動と、ゴール時にゴールオブジェクトの色を変えるだけなので、実際には迷路をUnityエディターで作るのに時間がかかりました。OpenBookでは、プレイヤーに2つのスクリプトを割り当てる方法ですが、ゴールオブジェクトにスクリプトを用意して、ゴールの色を変更するようにしました。また、Unity5.3の場合は、renderer変数が廃止になっているのでGetComponent<Renderer>()で取得するようにしました。

 

プロジェクトの配布

Unity5.3.5f1 のC#でのプロジェクトです。Zip展開してAssets/Scenes/Main.unityをUnityで開くと、Unity上でシーンが何も指定されていない状態で表示されるので、さらにUnity上でMain.unityシーンを選択すると動かせます。

http://hajimete-program.com/games/OpenBookMaze.zip

002

Main.unityをダブルクリックすると上記のようなメッセージが表示されます。意味は「5.0より前のプロジェクトなので、5.3.5f1とは一致してないよ」と言われています。おそらく、zipファイルを作成するときに、容量を少なくするためLibraryフォルダーとtmpフォルダーを私が削除しているためと思われます。

Unity公式フォーラムでもスレッドが上がっていました。“Your project was last opened with a different setup of Unity” after delete Library 次回何等かのUnityプロジェクトをzip化するときに、Libraryフォルダーとtmpフォルダーを削除せずにzip化してみようとおもいます。

 

まとめ

とくに難しいことはなくブロック崩しの知識のみで実装できました。プログラミングのみでこれを作るのは大変ですが、Unityの場合は、Unityエディターでほとんどを作り上げることができるので驚くばかりです。

あと、OpenBookをやっていて感じたのですが、やはりUnityはバージョンでの互換性があまりないので、チュートリアルがメンテナンスされていないと結構面倒でした。おそらく本当の初心者だとこのOpenBookチュートリアルは途中で躓いてしまうと思われます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA